お台場「うんこミュージアム TOKYO」がオープンへ!チケット料金とYOKOHAMAとの違いを解説

東京・お台場のダイバーシティ東京プラザ2階に「うんこミュージアム TOKYO」がオープンすることが決定しました!オープン日は2019年8月9日。

東京だけの展示やオリジナルコンテンツもあり、楽しそうな内容がたっぷり!詳細をまとめましたので、ぜひチェックしてみてください。

 

うんこミュージアムTOKYOとは?

うんこミュージアムはその名の通りうんこをテーマにしたテーマパーク。

先に期間限定施設としてオープンした横浜・アソビル内の「うんこミュージアム YOKOHAMA」に続く第2弾施設となりますが、うんこミュージアムTOKYOはすべてのうんこミュージアムの総本店に位置づけられます

(「うんこファクトリー」は一瞬違うものを想像してしまったけど、グッズ販売コーナーのこと)

TOKYOとYOKOHAMAの違い

さて、うんこミュージアムTOKYOとうんこミュージアムYOKOHAMAはどう違うのか気になりますよね。

運営会社のアカツキエンタテインメントと面白法人カヤックによると、YOKOHAMAに比べ、拡大した空間でうんこを楽しめるとのこと。

うんこミュージアムTOKYOではここでしか楽しめないまったく新しいコンテンツが用意されていますよ!

落ちてくるうんこを両手で受け止めるというシンプルながら難易度の高いゲーム「うんこ白刃どり」。なんて恐ろしいネーミングだ。。。

(新登場の「うんこ白刃どり」はウンタラクティブエリア内のクソゲーセンターで)

うんこと遊べる4エリア

「うんこミュージアム TOKYO」は4つのエリアで構成されています。

  1. 大広間・・・うんこ火山(うんこボルケーノ)から小さなうんこが飛び出る!
  2. ウンスタジェニックエリア・・・きらきらの写真映えするうんこが並ぶ
  3. ウンテリジェンスエリア・・・世界のうんこグッズを知ることができる
  4. ウンタラクティブエリア・・・うんこのゲームが楽しめる

TOKYOでの新コンテンツ

  • ウンベルトの間
  • うんこファクトリー
  • うんコンビニ UNKOMART
  • うんこ白刃どり
(便器の中に宇宙が広がる「ウンベルトの間」)

また、新しいフォトスポットを追加したり、ゲームも増加。コンテンツそのもののデザインが刷新されています。

うんこミュージアムTOKYOのチケット料金

<事前予約チケット(前売り券)>

大人(中学生以上) 1,600円
子供(小学生) 900円
小学生未満 無料

<当日購入チケット>

大人(中学生以上) 1,800円
子供(小学生) 1,000円
小学生未満 無料

事前予約チケット(前売り券)はチケットは入場時間が指定されており、指定時間内に入場することになるので、購入の際には時間に注意しましょう。なお、一度に購入できる最大枚数は大人10枚、こども10枚までです。

→ 事前予約チケット(前売り券)の販売サイトはこちら

テーマソングをtofubeats氏が制作

なお、人気音楽プロデューサー「tofubeats」が「うんこミュージアム TOKYO」公式テーマソングを制作することになっていて、うんこをテーマにしたオリジナル曲に期待したいです!

MAX可愛いうんこミュージアム。オープンしたらぜひ足を運んでみてご自身で体験してみてください!!

(写真映えするウンスタジェニックエリア)

【うんこミュージアム TOKYO】
2019年8月9日オープン
■営業時間:10:00~21:00(最終入場受付 20:00)
■入場方法:事前予約によるチケット制(※空き状況次第では当日券もあり)
■場所:ダイバーシティ東京プラザ(お台場)2階